ストレッチのdvdランキングまとめ

ストレッチのdvdランキングまとめ

ストレッチを自分で学ぶには少し難しいところがあります。
理由としては、文章でストレッチを学ぼうとしても、
ストレッチはスポーツみたいなものですから、
少し難しいところがあります。

ですから、ストレッチを学ぶときには、
DVDなどの動画媒体から学ぶ必要があります。

ですが、ストレッチのDVDって数百ほどの種類がありますから、
どれにしたらよいのか悩んでしまいますよね。

基本的にはアマゾンでレビューを読んでみて決めるのがよいと思います。

ですが、この方法にも実は落とし穴があるんです。

それは、アマゾンにしかないストレッチDVDしかレビューが見れないと言うことです。

ですから、本当によいストレッチDVDを買いたいのでしたら、
アマゾンだけではなく、一般の通販サイトで販売されているDVDも見る必要があります。
一般の通販サイトで販売されているストレッチDVDは以下のサイトに詳しく載っていますので参考になさってください。
ストレッチDVDおすすめ

 

<有酸素運動とストレッチの関係>
有酸素運動をするときには、筋トレ後に行うと効果的です。
というのも、筋トレで分解される脂肪はすぐに分解されるわけではなく、
一定時間身体の中に残っているといわれています。
この一定時間のうちに有酸素運動をすることで、
この脂肪分を体外に排出することができるというわけです。

ですので、効率的にダイエットをしたいのであれば、
筋トレ後は欠かさずストレッチを行うようにしましょう。

 

 

スポーツをしている方の中にはプロテインを飲まれている方も多いと思います。
中には飲むタイミングを気分しだいで決めているという方もいらっしゃると思いますが、プロテインを効率よく摂取したいのでしたら、
最も効率的にプロテインが取れるときに飲むようにしましょう。
具体的には、スポーツや筋トレごの30分以内に飲むようにすると効率がよいといわれています。

また、できることでしたら、筋トレ後だけではなく、
筋トレをしないときにもプロテインを飲んだほうがよいともいわれています。

というのも、スポーツ後の2~3日は筋肉が修復しようとしているため、
そのときにプロテインをとったほうが筋肉が形成されやすいといわれているからなんです。

中にはプロテインをとると太ると思っている人もいるようですが、
実際にはそれほどカロリーが含まれているわけではありません。
もちろん、その商品ごとによって違いはありますが、
一般的には、太りにくい部類に入ります。

あと、有酸素運動をする場合には筋トレ前ではなく、筋トレ後にするとよいといわれています。
というのも、脂肪は筋トレ直後では分解されずに残っているといわれています。
この脂肪は放っておくと再び脂肪になってしまう恐れがあるため、
有酸素運動をすることで、この脂肪を排出するというのが有酸素運動の目的です。
そのようなことがありますので、効率的に筋トレしたいのであれば、
有酸素運動を筋トレ後にするというのがよいでしょう。

 

Featured Pages

You can select each of these pages from the Appearance > Customize section. The page excerpt is displayed here on the front page and you can select which icons to display for each.

筋肉痛になったときにストレッチ?

筋肉痛になったときに、筋肉痛になった箇所を重点的にストレッチされる方がいらっしゃいます。 筋肉痛の箇所をストレッチすることで、 何 […]

特定の部分に効くストレッチはあるの?

スポーツをしているなら聞いたことがあるかもしれませんが、 よく言われていることに、特定の部分に効くストレッチがあるということがあり […]

クエン酸の特徴

クエン酸の特徴として疲労回復があります。 ですので、疲れたときに飲むとよいでしょう。 クエン酸がなぜ疲労回復効果があるのかというと […]

特定の部分に効くストレッチはあるの?

スポーツをしているなら聞いたことがあるかもしれませんが、 よく言われていることに、特定の部分に効くストレッチがあるということがあり […]

Latest Posts

筋肉痛になったときに、筋肉痛になった箇所を重点的にストレッチされる方がいらっしゃいます。

筋肉痛の箇所をストレッチすることで、
何か筋肉痛によさそうというイメージがあるのはわかりますが、
ですが、実際に筋肉痛時にストレッチをすることで筋肉痛によいといったデータは今のところありません。

それに、筋肉痛の箇所を必要以上に手を加えてしまうことで、
かえって筋肉痛が悪化してしまうということも考えられます。

ですので、筋肉痛になったときは特に何もしないというのが一番よいようです。

また、筋トレをする前に行うストレッチは、静的ストレッチではなく、
動的ストレッチを行うことがよいといわれています。

逆に筋トレ前に静的ストレッチをしてしまうと、
副交感神経の働きが活発になってしまい、
静的ストレッチ後の筋トレの本来のパフォーマンスが発揮できなくなるといわれています。

ただ、静的ストレッチも筋トレには必要になります。

静的ストレッチが必要なのは、筋トレ後になります。

静的ストレッチは副交感神経の働きを活発にするため、
筋トレで高まった緊張をほぐすことができるんです。

また、静的ストレッチをすることで、
筋トレでの疲労を効率的にとることができるといわれていますので、
動的ストレッチと同じく重要であるといえます。

 

Content Heading

一般的には身体が硬いとダイエットにもよくない影響がでてきます。
というのも、筋肉は血液を流れやすくするという役割もあるため、
身体が硬いと血流が悪くなり、そして代謝も悪くなってしまいます。

そのほかにも、身体が硬いと身体の稼動域も余りありませんので、
同じ運動をした場合でも身体が硬いと消費エネルギーが少なくなってしまうということもいえるでしょう。

ですから、効率的にダイエットしたいのであれば、
身体をやわらかくするということが重要になってきます。

そこで身体をやわらかくするにはストレッチをするとよいでしょう。
身体をやわらかくするためのストレッチは、
お風呂上りにするとよいでしょう。

お風呂上りというのは、身体が温まっているため、
筋肉もほぐれやすくなっていることでしょう。
ですから、お風呂上りにストレッチをすることで、
普段より効果的に身体をやわらかくすることができるでしょう。

また、身体の硬さの原因は加齢によるところ藻大きいのですが、
それ以外にも原因はたくさんあります。
例えば、運動不足であったり、同じ姿勢でいることで骨格がゆがんでしまうことも原因にあるようです。

なぜ運動不足で身体が硬くなるのかといえば、
身体を動かさないことで関節を大きく動かさなくなり、
少しずつ関節の稼動域が狭まってくるからなんです。

そのようなことになってしまわないように、
若いうちから身体の稼動域が狭くならないようにストレッチをするとよいでしょう。