ストレッチのdvdランキングまとめ

ストレッチのdvdランキングまとめ

ストレッチを自分で学ぶには少し難しいところがあります。
理由としては、文章でストレッチを学ぼうとしても、
ストレッチはスポーツみたいなものですから、
少し難しいところがあります。

ですから、ストレッチを学ぶときには、
DVDなどの動画媒体から学ぶ必要があります。

ですが、ストレッチのDVDって数百ほどの種類がありますから、
どれにしたらよいのか悩んでしまいますよね。

基本的にはアマゾンでレビューを読んでみて決めるのがよいと思います。

ですが、この方法にも実は落とし穴があるんです。

それは、アマゾンにしかないストレッチDVDしかレビューが見れないと言うことです。

ですから、本当によいストレッチDVDを買いたいのでしたら、
アマゾンだけではなく、一般の通販サイトで販売されているDVDも見る必要があります。
一般の通販サイトで販売されているストレッチDVDは以下のサイトに詳しく載っていますので参考になさってください。
ストレッチDVDおすすめ

 

<有酸素運動とストレッチの関係>
有酸素運動をするときには、筋トレ後に行うと効果的です。
というのも、筋トレで分解される脂肪はすぐに分解されるわけではなく、
一定時間身体の中に残っているといわれています。
この一定時間のうちに有酸素運動をすることで、
この脂肪分を体外に排出することができるというわけです。

ですので、効率的にダイエットをしたいのであれば、
筋トレ後は欠かさずストレッチを行うようにしましょう。

 

 

筋肉痛になったときに、筋肉痛になった箇所を重点的にストレッチされる方がいらっしゃいます。

筋肉痛の箇所をストレッチすることで、
何か筋肉痛によさそうというイメージがあるのはわかりますが、
ですが、実際に筋肉痛時にストレッチをすることで筋肉痛によいといったデータは今のところありません。

それに、筋肉痛の箇所を必要以上に手を加えてしまうことで、
かえって筋肉痛が悪化してしまうということも考えられます。

ですので、筋肉痛になったときは特に何もしないというのが一番よいようです。

また、筋トレをする前に行うストレッチは、静的ストレッチではなく、
動的ストレッチを行うことがよいといわれています。

逆に筋トレ前に静的ストレッチをしてしまうと、
副交感神経の働きが活発になってしまい、
静的ストレッチ後の筋トレの本来のパフォーマンスが発揮できなくなるといわれています。

ただ、静的ストレッチも筋トレには必要になります。

静的ストレッチが必要なのは、筋トレ後になります。

静的ストレッチは副交感神経の働きを活発にするため、
筋トレで高まった緊張をほぐすことができるんです。

また、静的ストレッチをすることで、
筋トレでの疲労を効率的にとることができるといわれていますので、
動的ストレッチと同じく重要であるといえます。

 

Featured Pages

You can select each of these pages from the Appearance > Customize section. The page excerpt is displayed here on the front page and you can select which icons to display for each.

身体が硬くなる原因

最近は運動をしない人が多いため、 身体が硬いという人が多くいらっしゃいます。 また、身体が硬いという原因は運動不足のほかにも加齢が […]

クエン酸の特徴

クエン酸の特徴として疲労回復があります。 ですので、疲れたときに飲むとよいでしょう。 クエン酸がなぜ疲労回復効果があるのかというと […]

体の硬さとストレッチの関係

一般的には身体が硬いとダイエットにもよくない影響がでてきます。 というのも、筋肉は血液を流れやすくするという役割もあるため、 身体 […]

体の硬さとストレッチの関係

一般的には身体が硬いとダイエットにもよくない影響がでてきます。 というのも、筋肉は血液を流れやすくするという役割もあるため、 身体 […]

Latest Posts

最近は運動をしない人が多いため、
身体が硬いという人が多くいらっしゃいます。
また、身体が硬いという原因は運動不足のほかにも加齢があります。

例えば若いころは肩が上がっていた方であっても、
年をとるごとになかなか上がらなくなったというのはよく聞くことですよね。

身体が硬くなる原因しましては、運動不足があげられます。
運動をしていれば、体を大きく動かすことが多く、
関節も広く広げるのですが、
運動をしていないと、関節を最大限に伸ばすことが少なくなるため、
だんだんと身体が硬くなっていくというわけです。

また、筋繊維の修復にはたんぱく質が必要です。
たんぱく質はプロテインからとることができますが、
効率よくたんぱく質をとりたいのでしたら、運動後にプロテインをとるとよいでしょう。
よくスポーツ後にプロテインをとっている人がいますが、
ちゃんと理由があったのですね。

運動後の2~3日は筋繊維の修復が行われますが、
そのときにプロテインからたんぱく質をとっていたほうが筋肉が形成されやすいからです。
あと、プロテインは太ると思っている人もいるみたいですが、
プロテインは実はあまりカロリーが多くありません。
どちらかというと、太りにくい部類の食品といえるでしょう。
ただ、いくら低カロリーだからといっても、とりすぎるとやはり太ってしまうでしょう。
多く取りたいという気持ちもわかりますが、
分量を守って摂取しましょう。

 

Content Heading

筋肉痛になったときに、筋肉痛になった箇所を重点的にストレッチされる方がいらっしゃいます。

筋肉痛の箇所をストレッチすることで、
何か筋肉痛によさそうというイメージがあるのはわかりますが、
ですが、実際に筋肉痛時にストレッチをすることで筋肉痛によいといったデータは今のところありません。

それに、筋肉痛の箇所を必要以上に手を加えてしまうことで、
かえって筋肉痛が悪化してしまうということも考えられます。

ですので、筋肉痛になったときは特に何もしないというのが一番よいようです。

また、筋トレをする前に行うストレッチは、静的ストレッチではなく、
動的ストレッチを行うことがよいといわれています。

逆に筋トレ前に静的ストレッチをしてしまうと、
副交感神経の働きが活発になってしまい、
静的ストレッチ後の筋トレの本来のパフォーマンスが発揮できなくなるといわれています。

ただ、静的ストレッチも筋トレには必要になります。

静的ストレッチが必要なのは、筋トレ後になります。

静的ストレッチは副交感神経の働きを活発にするため、
筋トレで高まった緊張をほぐすことができるんです。

また、静的ストレッチをすることで、
筋トレでの疲労を効率的にとることができるといわれていますので、
動的ストレッチと同じく重要であるといえます。