体の硬さとストレッチの関係

一般的には身体が硬いとダイエットにもよくない影響がでてきます。
というのも、筋肉は血液を流れやすくするという役割もあるため、
身体が硬いと血流が悪くなり、そして代謝も悪くなってしまいます。

そのほかにも、身体が硬いと身体の稼動域も余りありませんので、
同じ運動をした場合でも身体が硬いと消費エネルギーが少なくなってしまうということもいえるでしょう。

ですから、効率的にダイエットしたいのであれば、
身体をやわらかくするということが重要になってきます。

そこで身体をやわらかくするにはストレッチをするとよいでしょう。
身体をやわらかくするためのストレッチは、
お風呂上りにするとよいでしょう。

お風呂上りというのは、身体が温まっているため、
筋肉もほぐれやすくなっていることでしょう。
ですから、お風呂上りにストレッチをすることで、
普段より効果的に身体をやわらかくすることができるでしょう。

また、身体の硬さの原因は加齢によるところ藻大きいのですが、
それ以外にも原因はたくさんあります。
例えば、運動不足であったり、同じ姿勢でいることで骨格がゆがんでしまうことも原因にあるようです。

なぜ運動不足で身体が硬くなるのかといえば、
身体を動かさないことで関節を大きく動かさなくなり、
少しずつ関節の稼動域が狭まってくるからなんです。

そのようなことになってしまわないように、
若いうちから身体の稼動域が狭くならないようにストレッチをするとよいでしょう。