筋肉痛になったときにストレッチ?

筋肉痛になったときに、筋肉痛になった箇所を重点的にストレッチされる方がいらっしゃいます。

筋肉痛の箇所をストレッチすることで、
何か筋肉痛によさそうというイメージがあるのはわかりますが、
ですが、実際に筋肉痛時にストレッチをすることで筋肉痛によいといったデータは今のところありません。

それに、筋肉痛の箇所を必要以上に手を加えてしまうことで、
かえって筋肉痛が悪化してしまうということも考えられます。

ですので、筋肉痛になったときは特に何もしないというのが一番よいようです。

また、筋トレをする前に行うストレッチは、静的ストレッチではなく、
動的ストレッチを行うことがよいといわれています。

逆に筋トレ前に静的ストレッチをしてしまうと、
副交感神経の働きが活発になってしまい、
静的ストレッチ後の筋トレの本来のパフォーマンスが発揮できなくなるといわれています。

ただ、静的ストレッチも筋トレには必要になります。

静的ストレッチが必要なのは、筋トレ後になります。

静的ストレッチは副交感神経の働きを活発にするため、
筋トレで高まった緊張をほぐすことができるんです。

また、静的ストレッチをすることで、
筋トレでの疲労を効率的にとることができるといわれていますので、
動的ストレッチと同じく重要であるといえます。